つるまうかく

群馬在住ヲタクのネット書斎

『いまが最高!』という考えに変わった話

ここまでの人生のうち、二十数年間くらいは、愚直というかくそまじめな考え方をしてきました。

まっすぐ、と言えば聞こえがいいのですが・・・
まっすぐすぎることによるマイナス面って、どうしてもありますよね。
それが裏目に、裏目に出てきたような、そんなスパイラルでした。

 

また、今は負担があっても未来がよければそれでいいという、未来のことしか考えない生き方もしていて。
未来をよくするためにより合理的に生きれる方法はなんだろうとか、より効率的にするにはどうすればいいだろうとか、そんなことばかりを考えていた時期があります。

二十代はずっとそんな感じだったかもしれません。

 

μ'sがMOMENT RINGで「いまが最高!」を歌った瞬間、私は今を最も大事にする生き方に変わりました。
いや、厳密にはこの曲一つでそう変わったわけではありませんが、ちょうど変わる時期だった。

生真面目に生きることに疲れていたんでしょうね。
そして、今に何のうまみもなく、未来に投資し続けることにも。

 

確かに、真面目に生きれば最低限の人生は送れるのかもしれません。
また、未来に様々な貯金をすることで、ある程度楽になる面はあるのかもしれない。

でも、それって、ただ生きてるだけだなあって。

今を我慢し続けている人が、将来自分のやりたいようになんでもできるようになったとき、遊んだり、羽目を外したり、だらけたりってできるんだろうとか。
そういうことを、考えたんですね。

それからは、本当に好きなことばかり中心に動くようになりました。
毎日を陰鬱に過ごしていたのが嘘化のように、明るいことだらけの人生になりました。
今では、最低限、今の生活を破綻させなければ、今を楽しんだ方がいい、とさえ思っています。

『今を楽しんだ方がいい』都教えてくれた、様々な要素に、感謝だなあと思います。

もちろん、それまでの生き方を否定するわけではなく。
色んなところにメール投稿をしたとき、決まって読まれるのはド直球を投げた内容だったりします。
たぶん、それが自分の性分なんだと思うんですね。
だからそれは大事にしたい。

祝い花企画などのファン企画をやるときに、効率的に動こうと意識できるのも、ある種過去に効率や合理的を探り続ける道を通ってきたからです。
ちゃんと、糧にはなっている。

 

たぶん、この考え方は、また年を重ねると変わってくるのでしょう。
こんな感じで私が考えを変えてきたように。
ただ、今の私の考え方は、これでいい。
そう思っています。

 

 

 

 

余談。

少し前に、ほぼほぼこれと同じテーマでブログを書いているのですが、その時は色々強烈な衝撃を喰らった直後で、『今を生きすぎた』と書くほどマイナスの内容でした。
それから少し経って、今の自分の持っている展望はそれよりも明るい感じです。
大丈夫、今から生まれるものは必ずある。
それをちゃんと、摘み取ればいいよと、少し前の私に投げ返しておきます。