つるまうかく

群馬在住ヲタクのネット書斎

コロナ流行下でイベントをするということ

『コロナの流行下でもできればイベントはやってほしいよね、でもムズカシイところはあるよね』という話なので、「人が集まるのはけしからん、自重すべき」とかのベクトルじゃ全然ないので、その前提でおねがいします。



先日参加したイベントが、まさにコロナの影響を受けてしまったイベントでした。
コンテンツ待望のイベントだったことや、なんとかカバーし合えば成立するだろうという判断もあって開催されたのだと思っています。
ただ、コンテンツは得てして『全員が揃ってしっかり収まる』形で構成されているもので。
その人が揃っていたら低音が効いていたなとか、ここでツッコミとか冷静な回しがあったんだろうなとかは思ってしまっていて。
舞台の上に乗るキャストの人も、スタッフとしてイベントを回す立場の人も、試行錯誤しながら進めているのが感じられました。

出席できなかった人に対しては壇上と客席の双方から再三気に掛けられるなどあたたかなムードが顕現されていましたし、フルメンバーではない状態をなんとか乗り切ろうとする姿はある種のエモさというか努力の熱量を感じられました。
それはそれでよかったのですが、やっぱり全員が揃ってこそ、最高のパフォーマンスになるわけで、その状況を「ものすごく良かった」と言ってしまうとそこに出れなかった人に失礼な気もして。
『感想をどう言っていいかわからない』というのが正直なところでした。
「大変なところをみんなで補いあってよかった」というのが当たり障りのない感想で、誰かが見る可能性もあるので私もそんなオブラートに包んだ感想を書いた気がします。

 

 

「そういう状況下なんだよな」ということに、改めて気付かされました。
流石に、もう自粛、自粛という形ではないのだけれども。
舞台に上がる人たちは、自分を欠いてしまったときの影響を考えているから、今でもかなり気をつけていて。
それでも、もちろん防ぎきれないから、出れないこともあって。
いくら自分が気をつけていても、周りにいる仕事関係の方のほうでそういったケースが出てしまったりすることもあって。

コロナは誰も悪くない、誰にも責任はないという認識が今ではかなり広がってきて、個人を責める流れってのは、以前に比べるとそれでも弱まっているとは思うんです。
ただ、”イベント開催”って、たぶんそれを取り仕切る人が、コロナに対しての予見をして、万が一こうなった場合はこう、という判断をしていかなきゃいけなくなるんですね。
コロナに責任はないけど、”イベントをどうするか判断する責任”は運営の人が取らなきゃいけなくて。

これまでも、イベント開催においては、事故のリスクだとか、チケットなどのトラブル、観客同士や会場周辺とのトラブル、台風や気象条件など、いくつかのリスクがあったとは思うのですが、今ではそれに加えて、目に見えなくてとっても厄介なコロナのリスクも考えなきゃいけない。
しかも、自分たちには落ち度がないのに、”コロナが理由で万一当日に大きなライブが中止になってしまった”みたいなケースは、どうしても批判が集まってしまったりする。
運営側の人も、なかなか大変だなと思います。

 

今ではイベントの数もだいぶ戻ってきて、声が出せなかったり、飛べなかったりはするけど、それ以外は前に近い状況でイベントが行えているように私たちは感じてしまっています。
でも、それって、運営側の人が色々工夫をしたり対策をしたりして、直前の直前までどうなるかをドキドキしながら、半ば祈りながら頑張っているからこそ、用意してもらえるんだろうなとも思います。
前とほぼ同じではない現状があることは、忘れずにいたいな、と思いました。

そして、私自身も、コロナが原因でイベントに参加できません!には絶対になりたくないので、出来ることはしっかりやっておきたいな、と改めて思いました。

おたよりと相性

おたよりの話は何度か書いてきていますが、「やっぱり相性ってあるなあ」と思うことが多い今日この頃です。

緻密に考えて書いたネタより、構成とかボロボロだけどどストレートに書いたメールが読まれたり。
毎回送っているところよりも、たまに思いついてふと書いたメールが採用されたり。
ありがたいことに定期的に採用されているコンテンツでも、ネタコーナーは一向に読まれる気配がなく、ふつおたのみ採用されたり。
ふつおた大好き人間なので、最後のはそれでいいんですけども。

"最低限気をつけるべきところはある”のは間違いないのですが、多分後は相性なんだなとも思います。
好きな相手だから、好きな作品だからといって「採用されよう」というところ力点をおいてしまうと、熱量のバランスを崩してしまう。
番組によって毛色も違うし、「あ、この番組は読んでもらえそうだな」と思うのもあれば、そもそもメールが1回に1通読まれるか読まれないかという番組や、もう常連さんがしっかり根付いていて最低限のハードルが高くなっている番組もあったりもします。

幸いなことに、私が最近よく送っている番組は、わりと新規さんを手厚く取り上げてくれるところもあって、私も実際新規の「初メールです!」から入って(※私の得意なやつです)、僭越ながら常連に定着したりしました。

 

で、思うのが、私がよくファン活動の中でもいうことなんですが、
「番組へのメールやおたよりも対話」なんだなあ、と。

番組って、必ず何かの目的を持って放送されているんですよね。
その目的を満たすために、達成するために、方向性は必ずあるもので。
そのメールを今回採用するメリットは何か。
パーソナリティのどんな話題が引き出せそうか。
それを聞いている人はどんな印象を受けるか。
その辺まで考えて、お便りって選ばれているんだと思います。

だから、自分が言いたいことだけを送っても採用ってされなくて。
その番組に必要だったり、合うなってお便りが選ばれるんだと思います。

そこに、文才とか、卓越した話題センスみたいなものは実は必要なくて。
本当は、ありふれていたり、ごく普通の内容なんだけど、『想いがどストレートで重い』ものが、結局は人の心を動かすんじゃないか、と思ったりします。
文章が多少変でも、作家さんが直してくれますしね。

体裁は整えられるけど、そこに乗っかった思いは、誰も足し引きできないんです。

 

 

こんな綴りもそこまで意味がないというか、自分よがりの考察でしかないですけどね。
考えるより前に、一つでもメールを送っておこうと思います。

図工

図工、正式には『図画工作』。
私はこの科目が、大好きで大の苦手でした。

イデアを掘り起こしてくるのは好きで、イコール得意でもありました。
その反面、注意力散漫なこと山のごとしで。
筆と絵の具をもたせればどこか汚す。
カッターを持たせれば指を切る。
彫刻刀をもたせれば指をえぐる。
姉妹には紙でも指を切る(これは今でも良くやります)。
そのくらい、手先が不器用だったんですね。

何か作るのは好き。
でも、実効性は乏しい。
・・・今の自分そのままな気も、なんとなくします。

 

手先の器用さは、時間が経ってももきっと変わっていなくて。
ただ、注意力は少し付いたんでしょうね。
後は物事の先を見る力も少しついて、無理をしなくなった。
理論的に考えながら進めるようになった。
結果、不器用は不器用なんですが、最低限のことはやれるようになりました。
自分で絵は描けないけど、ちょっとしたデザインめいたものはやったり、ファン活動で趣味のデザインをやったりですね。

それ以上の進歩はむずかしいんでしょうけど。
私は図工的なものは未だに好きなんですよね。
美大の芸術祭行くのことか、コミティアも好きですし。

少なくとも、なんとか私の”長”であるアイデアやアンテナの部分は錆びつかさないようにして。
"つくる楽しみ"というのは、持ち続けていたいなと思います。

居心地のいい『場』って、ありますよね。
その場にいるしっかりした理由はあるんだと思うんですが、そこを取り巻く人間関係や雰囲気がよくて、そこで好循環がおこっていくような空間。
だから居心地がよくて、いつしか当初の理由だけではなく、その場にいることが楽しみになってくる。

 

ここで言っている「場」というのは、リアルに限らず。
私の場合、ネットなどを介した疑似的なつながりのほうが、それを感じることが多いかもしれません。
それは単純に育ちの話というか、ネットで育ってきた人間だから、ということでしょうが。
居心地が良ければ長続きするし、なんか違うなとか、そこにいると逆にダメージを食らうなという感じだったら離れる。

 

そんな「場」に救われているなあと感じることがあります。
わりとピンポイントで、具体的なものを「救い」として挙げることも多いのですが、プリミティブに一対一に『救う-救われる』なんて関係性を築けるほど強さはないので。
周りの雰囲気があること前提で、そんな関係性を擬似的に築いている気がする。
それが正直なところかな、と思います。

 

これもね、むずかしいところで、一つの場にずっといるのがいいのか、そうでないのかというのは正解がないところ。
ある意味、いくつかの場を「掛け持ち」しているような感じでもあるので、長ーい葉もあれば、そうでないところもたくさんあるのですけれど。
私はある種、新しいものを追っていることがひとつのスタイルみたいなところがあるので。
古からの繋がりは持っていながらも、メインとなる場は次々変わっていく。
なんだか、それでいいような気が、自分としてはしています。

 

というわけで、珍しく(?)特に主張でもなんでもない、「場」のお話でした。
一つ最後に付け加えるとすれば、
「自分がいる場の雰囲気は、居心地いいものにしたいですよね」
ということくらいでしょうか。

いわんでええねん

私は長らくテキストを書いてきている人間で、こんなブログもやっているくらいなので、スタンスとしては『言いたいことは言うべき』にわりと近い感じでやっています。
何かを自由に言えることは大事だと思いますし、言いたいことが言えなくなったらちょっとこわいぞ・・・と思っています。
なので、言論封殺したいわけではないというのが大前提にありますので、それはお汲みいただいた上で、になりますが。

 

最近、色んなところで、「それ、言わなくてもいいのでは?」というケースをよく見ています。
特定のもんじゃありません。
ひとつやふたつじゃなく、たくさん。
ジャンルも、私が普段から話題にしがちな”推し事”とかにとどまらず、それこそ身近なビジネスの部分だったりとか、社会的なものまで含めて多種多様で。

何も、私自身を棚に上げるつもりはなくて。
私もその一人なんだろうと思います。
SNSで、所謂クソリプを送ったり、気分悪いなあという発信をすることもある。
暴走してナチュラルにマウントを取っていたりもする。

それが100あって100直せるかといえばそうではないんですよね。
それが自由な意志を持つ生きものである所以ですし、それが私なんだとは思っていて。
聖人君子ではない、と思っています。

だからこそ、それを振り返って反省をするようにはしています。

物事はうまくいかないし、嫌なこともありますよ。
なんでだ、理不尽だと思うこともある。
人生は欺瞞と理不尽に満ち満ちている。

ただ、それを言ってしまったことが、舌による災い、「舌禍」になったりする。
回り回って、自らにマイナスが降り注いでしまったりもする。

 

何も思わないって人は、それでいいんだと思います。
でも、どこかで、ちくっと刺さる棘が心の周りにある方は。
良心の呵責を感じたりする方は。
その思いを、たいせつに、たいせつに。

 

言いたいことを言えなくなってしまわないために。
言いたいことを言うために。
自分の発信を振り返って、反省するところは素直に反省しないといけないな、と改めて思ったところです。