つるまうかく

群馬在住ヲタクのネット書斎

とりとめもなく話がころころ変わる雑筆

大きな行事が一段落したので、とりとめもなく筆を進めています。
そういえば、今年はブログを書いていませんでしたから、遅ればせながら初エントリになりますね。
今年もよろしくお願いいたします。

ほんとうは、興味のある人しか見ないこちらに書いたほうがいいことも多いのですが、気軽さに負けてツイッターのほうでこぼれ出てしまっていたりもして、あちゃーと思う今日この頃です。
その辺はまあ人ができていないということで一つ。

 

最近は、本当に好きな趣味に触れ、好きなものを好きと言えているなあと感じます。
このブログを振り返ると、「ファン活動とはなにか」を突き詰めてきた様相すら呈していたりしますが。
結局のところは、自分自身で何度も書いていたことで、、ある意味自分自身に『言い聞かせて』いたのかもしれないのですが。
”こちらとあちらがちゃんとキャッチボールができる状態で、自分に無理のない形で応援する”
ということに尽きるんだろうなと思っているところです。
このバランスが崩れると、一気に辛くなる。

 

「推し活」「推し事」という言葉が日常的に使われるようになった令和。
ファン活動の種類も、かなり多いですよね。
多岐に渡っていて、しかもその大半がプラスに働くものです。
なので、常に目移りするし、『自分の行っている行動は正しいか』というのは気になるものです。

でも、このあたりはやはり初心にかえるのが大事で。
その人や対象をなぜ好きになったかということを中心に添えて、いいものはいいですよ!と言う。
それを押し付けにならない程度に言葉にする、感想にする。
そして相手になにかできる機会があったら、無理のない範囲でやってみる。
それで上手くいったなと思ったら続ければいいし、ちょっと難色を示されたかなと思ったらやめてみる。
たぶん、そのくらいの感じでいいんだと思います。

私なんかも、奇をてらったことをすごい数やっているように見られることもありますが、ほぼほぼ、過去の「応援に熱心な人」を真似てやっていることばかりです。

 

私は、”人”を応援しているタイプの人間ですが、その場合はどうしても「応援している人がかかわるお仕事」との付き合い方というのが、悩みどころというか考えどころとして出てきます。
現状では、理想的なお仕事に出会ってくれているなと感じるのですが、応援している人が、応援したいお仕事をシているかどう買って、一致しないことも多くて。
一致していることのほうが珍しくて稀有なのではないかと、最近は思うようになりました。

でも、この一致していることの幸せって、そのときはわからないんですよね。
逆に、そこが一致していない人は、それが当たり前の日常だと思って、常に少しの不満みたいなものを言うのが状態化している。

あんまり意識しないというか、多分意識するところまで神経使って趣味やりたくないみたいなところもあるのでしないんだと思いますけれども、でもそのあたりを少し頭に置きながら改めて向き合ってみると、見えていなかったところが見えてきたりもするのかもしれません。

 

 

なんでもそうですが、人生は一期一会です。
全く同じ状態の瞬間は二度と存在しないし、万物は流転し続けるというように関係性も変わり続けます。
推しも推しのままでいてほしいし、そのまま天下を取ってほしいと思ったりもしますが、多分それは綺麗事で。
あなたも、わたしも、常に変わりながら、変わり続けながら今ここに存在していて、関わり続けている。

そんな中で、応援する側とされる側かもしれないし、同じ趣味を持つ仲間なのかもしれないですけれども、お互いに変わり続けながら、少しずつ関わり方も変わりながら、それでもずっと関わり続けていけるとしたら、それは素敵なことなんじゃないか、と思っています。

 

そんな、少しはまとまったかなというところで、テーマがあるようでないようなテキストを書き終わりたいと思います。
お疲れさまです。

にーぜろにーさんお疲れ様会

みなさーん、にーぜろ・・・にーさんです!

(明らかに何らかのコンテンツに強く影響を受けた顔つき)

 

というわけで年末恒例の一年振り返りをば。

 

今年は、応援している声優の七海こころさんが飛躍した年でもありました。
もちろん、元々『実力がある』という話をしていたとおりで、それが”しっかり評価された”というのが正しいところかなと思うのですが。
大きなコンテンツとしては、「Tokyo 7th シスターズ」に起用され、声優ガールズユニット「Ciel」としての活動もスタート。
数字ベースでは、出演するイベントがなんと3倍になりました。
ご本人の本心は推し量ることしか出来ませんが、ファンとしてはとても良い形で活躍の幅を広げてお仕事を増やしているように見えて、とても喜ばしいなと思っています。

 

今年のイベントの嬉しい誤算は、いわゆる”接近戦"と呼ばれるイベントの大幅増でした。
また、5月にコロナ制限が緩和されたことにより、全体的に応援する行為も復活し、”見える形での応援”をする機会がとても増えました。
去年うちわを作った延長線でうちわを新調したり、メッセージボードなどの小道具を持参したり。
1回こっきりのイベントならともかく、事あるごとに色々準備して上京した感じもしますね。

 

また、祝い花の解禁がされたのも嬉しいことでした。
こちらも事あるごとに準備させていただき、3つのお花を贈ることができました。
ご参加・ご協力いただいた皆さんや、制作・受け入れに携わっていただいた皆さんに、改めて御礼申し上げます。

 

応援している方がまさに右肩上がりに、順調に活躍していっているのに引っ張られる形で、個人的にもおおむね前向きに過ごせた一年だったかなと思います。
元々ネガティブというか、いろんなマイナスの可能性を潰してからでないと動けない性質なんですけどね。
今年はその勢いに引っ張られて、いい感じで前に足を出せたかなと思っています。

 

 

 

趣味にかなり振った一年でしたし、よく考えるとできなかったり、しなかったこともありました。
でも、何でもかんでもやろうとして、全方位で荒ぶる状態になってどっちつかずになるよりは良かったなと思いますし、かつてのように無理ができるわけでもないので、”身の丈に合ったエネルギーの振り分けが出来ていた”ということなのかなと思います。

 

さて、「来年は来年」ではありますが。
やっぱり、『これをやろう』と思っていないと、できることもできないなあと思ったので、やりたいことは早めにリストアップして、まず動いていくという所は大事にしていきたいと思います。
そして、いつもですが、まず”気持ち第一”ですね。

 

今年関わっていただいた皆さん、本当にありがとうございました。
来年も、なにとぞよろしくお願いいたします!

 

それでは、ごっさんでしたー!(何かが違う)

また来年。

Tokyo 7th シスターズ 2053 2nd Live「Brightestar」感想 ~最高にキラッキラの星たち~

Tokyo 7th シスターズ」、”ナナシス”の新シリーズ、『2053』の2ndライブにあたるTokyo 7th シスターズ 2053 2nd Live Brightestar」に、両日参加してきました。

掛け値なしに”最高のライブ”で、2023年に参加したライブの中で間違いなく一番のライブだったと胸を張って言える、そんな素晴らしいライブでした!

 

私が「ナナシス」に初めて足を踏み入れたのは3rdライブからで、メモリアル武道館、4th、QoP1st、5thライブを現地で経験しています。
しかし、制作側の体制が変わっていったり、またコロナ禍もあって、ナナシスからは距離が開いていき、6th+7th+8thライブも、悩んだ末に行きませんでした。

ところが、今年に入って、応援している声優の七海こころさんが2053・RiPoPの恋渕カレン役に抜擢され、今度はカレンの支配人として出戻ってくることになりました。


2053の1stライブにも参加し、もちろん楽しかったのですが、”大舞台に立つのが初めて”という声優さんも多く、またこのときはコロナによる規制があったので、
「声援やコールアンドレスポンスなどができないので、固唾をのんで客席から見守る」
みたいな部分が、やはりありました。

 

そして迎えた2ndライブ。
1stのときからは状況が変わったこともあって、ただただライブを純粋に楽しみに待っていました。

DAY1とDAY2は分けては語れないので、ゴチャメチャにして書いていきます。

Asterline

2日間とも、トップバッターとして元気いっぱい飛び出してきたのはAsterline(アステルライン)。
アイ役の天希かのんさん、マイ役の星ノ谷しずくさんが元気たっぷりに自分のキャラクターをステージ上に顕現させると、シオネを演じる山田麻莉奈さんは控えめなキャラクターを表現しながらもご本人の経験からくるアイドル性を発揮。

この3人に共通するのは「ステージで楽しめる」と「客席にバチバチのレスポンスを返せる」というところ。
技術はもちろんのこと、”楽しさの醸成”というものは感情とか想いをそこに乗せこまないと客席にた伝わってこない部分ですが、3人は会場を初手で一気に沸かせるには充分かつ余りあるパフォーマンスを披露してくれました。

初披露にも関わらず、支配人の”燦(さん)!さん!ミライノート!”の大合唱が響き渡った「ミライノート」。
切なさたっぷりでノスタルジックな世界に誘う新曲「TSUBOMI et cetera」。
イントロで悲鳴が上がり、クラップで雰囲気が醸成された2日目「Time Machine」。
Asterlineのステージは、客席とステージでお互いに感情を交流させながら、相互で楽しさを加速させていくステージだと思います。
激しすぎる音楽ではないし、尖っているわけでもないけれど、その心地よさがちょうどいいエネルギーになる、まさにそんな形でした。

Roots.

次に登場するRoots.(ルーツ)は、まさに個性と重厚なステージで圧倒する”闘技場”。
タン・シヨン役の橘一花さんと、フラナ・リン役の長谷川玲奈さんが己の技量をいかんなく発揮し、ステージをRoots.の空間に塗り替える。
そして、ユウ役をまとった天野聡美さんが世界観に没入して息を飲み込ませ、圧倒的なパフォーマンスが完成する。

Roots.自体は、それぞれが他のコンテンツなどで既にかなりのキャリアを積んできていることもあり、1stの時点で相当な完成度を誇っていました。
ただ、後に垣間見えるのですが、この3人はチームとして一体になってストイックを突き詰め、特に”本来はそのキャラではない”はずの天野さんが特に、かなり入れ込んだ状態でこの2ndライブを迎えていることも伺えて、完成度にますます磨きがかかっていたように感じました。

コールが入りさらに強力になった「New Age」を筆頭に、新旧問わず所構わずに叩きつけられる逸曲の数々。
新譜の”問題作”(筆者が勝手に言っている)、「XOXO Pain(キスハグペイン)」の圧力には、やはり凄まじいものがありました。
存在としても強強だったRoots.が、客席の熱気も更に沸騰させ、熱くアツいライブシーンになりました。

RiPoP

で、Roots.がステージを荒らし回って空気感を掻っ攫った後に登場するのがRiPoP(リポップ)です。
普通こんなセトリは組まないし、焼け野原の後にやりたいグループなんてないはずなんですが、彼女たちはそれを”可愛さの暴力”で塗り替えた。
すごかったです。

2匹のクマ(後に「マカロンちゃん」と「ミントちゃん」というクマだとわかる)が押してきたおもちゃ箱から飛び出してきたのは、恋渕カレン役の七海こころさんと一ノ瀬ミオリ役の小茅楓さん。
ふたりとも新人がゆえ、1stライブを振り返ったときに「ガチガチだった」「何も覚えていない」と言っていました。
そんな彼女たちの顔には緊張の色はなく、自信に満ち溢れてました。

七海こころさんは、声楽で鍛えた歌唱力、びっくりされる声の演技の幅、安定して踊れるダンス技術、MCで素に戻る場面を除いて徹底的にカレンちゃんの姿を貫ける表現力・・・と、どの方向にも高い技術を持ち合わせており、かねてから”パフォーマンスは心配ない、後は空気に飲まれないかどうか”という不安点はそこだけでした。
1stの時点でも非常に安定したステージ運びを見せていたのですが、2ndになって、緊張で隠されていたであろう”真の実力”を遺憾なく発揮しました。
それこそ、わたしたちが見てきたステージでもまだコロナ禍だったわけですから、当人ももしかするとフルパワー中のフルパワーではなかったのかもしれません。
ちょっと、こちらが『わかっていた』はずのパフォーマンスを軽々塗り替えて足取り軽く上に登っていくような、そんなパフォーマンスでした。
こういった感想であれこれ言うのが失礼なぐらい、ものすっごく素敵なカレンちゃんでした。

そして、RiPoPを語る上で欠かせない、もちろん技術は長けている前提で、ステージ上でのコミックリリーフを担える逸材なのが小茅さんです。
またの名を「中学の頃からナナシスに親しみ、ついにステージ上に立った生え抜きの支配人」。
存在がまさにミオリにぴったりで、キャラクターとして掛け合いをするときのオトボケ感も絶妙で、またMCで会場を和ませたり、ステッキがすっぽ抜けてもその状態で最も楽しいを演出しながらステージを継続できるところなどは彼女の強みだと思いました。

一気にキュートでコミカルな世界観に誘い、ラストにはとんでもない転調の連続が待ち構えていて、みここの歌唱力も際立つ「ライフ・イズ・サーカス」。
2ndライブを通して盛り上がり曲に成長した「わがままSwing,Cutest!」。
ビターなサウンドで会場をノスタルジックかつセンチメンタルな雰囲気に飲み込んだ「キュート・アラモード」。
空からおっきな風船も降ってきて会場じゅうがゴチャメチャになった大人気曲、「ゴチャメチャ×ワンダーランド」。
RiPoPワールドは底しれませんでした。

 

RiPoPはいわゆる”かわいい枠”のハズだったんです。
でも、二人が今年一年で表現をものすごく磨き上げて、おそらく運営やスタッフ側もRiPoPで伝えたかったことをブラッシュアップして。
そこにコンテンツへの期待と、声出しで盛り上がれるという支配人の熱気も相まって。
RiPoPが、飛んではねて声を出して会場が一体になって盛り上がれるユニットになっていました。
あの光景は、今思い出しても涙腺が緩みます。

特に2日目は、二人がギアを一段どころか何段も一気に上げて、まさに”天元突破”の領域に至っていたように感じました。
本当に最高に可愛くて、最高に楽しいステージでした。

Stella MiNE

そして、最後はStella MiNE(すてらまいん)。
ここまで来ると、天希さんも天野さんも2ndに至るまでの成長を見てしまっているので、冷静な感想は浮かべられていない気もします。
「You & I=」をはじめ、1stライブよりもグレードアップした数々の曲はもちろんのこと、今回は
『ひらがなすてらまいん時代の曲なのでは』
と話題になった、明るく希望溢れる曲「Startrail」の音楽性が際立ちます。

2053における”レジェンド”としての立ち位置も担っている二人。
2053を牽引してきた責任感と、自信と、充実感が全身にみなぎったステージでした。

星の煌めき

そして、アンコール。
天希さんと天野さんが、一言ずつ、大切に言葉を紡いでいきます。
その言葉が、どこかで聞いたMCに被って、『まさか・・・』という思いが少しずつ大きくなります。
私は現地にいなかったけど、ナナシス1stで水瀬いのりさんが言っていたMCに、被ったんですよね。

 

今日の最後はこの曲で!
せーの!
「「「「「「「Star☆Glitter」」」」」」」

 

会場に響き渡る、支配人たちの大絶叫。

Star☆Glitterというのは、「Tokyo 7th シスターズ」という作品を語る上で、最も外せない曲です。
全てはこの曲から始まり、みんなが希望をもらい、道筋を示してくれて、救われて、今がある。
私自身も、本当に私事ですがこの曲に救われて今があります。

2053は、Star☆Glitterが歌われた”レジェンド”や2034年世界線とは、一線を画しているコンテンツとして進んできました。
関係性が少し匂わされるところもありながら、直接的な言及はなく。
2053は2053として、その道を進んできた。

でも、ナナスタはナナスタであって、その系譜が”ナナスタW”であることは確かで。
そこはしっかり結びつかなくてもいいけど、どこか繋がっていてほしい。
そう、そう思っていました。

思えば、開演前の影ナレも、2代目マネージャーになったモモカでしたね。

「Star☆Glitter」を、2053が歌う。
それも合同ライブではなく、単独ライブで。
もう、それで胸が一杯になってしまいました。

 

すっげえいいライブだった。

 

 

 

キャストとしてステージに立った声優さん、全員に言えることなんですけど。
1stのときと比べものにならないくらいのパフォーマンスだったと思います。
その違いは、技術力の純粋な向上なのかもしれません。
緊張や場数を払拭して、本来持っているスキルが発揮できたのかもしれません。
声出しや色々な制約が取っ払われたことで、生の現場のエネルギーが増幅できたのかもしれません。
理由はたくさんあると思うんですけど、一つ言えるはずなのは、
「このライブに向けて、とても真剣にストイックに取り組んできた」
ということなんだと思います。

みんな、アグレッシブでしたよね。
Asterlineは、整ったダンスよりも楽しさがより溢れ出るようなステージだった。
Roots.はとにかくエネルギーを、正も負もどちらのエネルギーもステージにぶつけた。
RiPoPは、究極に可愛いステージをやったはずなんだけど、客席はずっと跳んでた。
StellaMiNEは、剛柔併せ持ちながら確実に上がった自分たちのステージを実現した。

本当に、素晴らしいステージになっていました。
ライブで大事なことが、そこにはぎっしり詰め込まれていました。

 

バイバイカメラ

最後に、2日目のアンコール後の『バイバイカメラ』の話をさせてください。

ナナシスのライブでは、終演後に舞台裏に引っ込んでいく声優さんをスクリーンに映す「バイバイカメラ」という仕組みがあるのですが。
最後に、天希さんが待ち構えているところに、天野さんが全力で飛び込んで抱き合う場面が映し出されました。

この二人は、2053の柱です。
それだけ背負う重圧も大きかったでしょう。
天希さんも、小茅さんに負けず劣らずの生粋のナナシスファンで、このライブに懸ける想いはきっと強かった。
天野さんは、あれだけ多くのコンテンツに携わり、日常も絶対に忙しいはずなのに。
このライブに向けてものすごく力を入れていたことが、ステージを見ていて本当によくわかりました。

その二人が、ライブを無事終えて、お互いに称え合っているのが、とてもよくて。
本当にいいライブだったんだなと、重ねて感じた瞬間でした。


”2053”というコンテンツは、私自身も最初から飛びついていたわけではないですし、2034を結構通ってきている支配人でもあるので、そこを比較してあれこれ言ったりはしたくないのが正直なところです。
ただ、純粋に、このライブを、コンテンツを、もっと多くの人に向けて発信してほしい、見てほしいと思いました。
元々ファンのコンテンツだから薦めたいんじゃない。
応援している人が出ているから薦めたいんじゃないんです。
楽しいから薦めたい。

この物語が、音楽が、きっと誰かの力になる。

 

今のナナシスには、サブタイトルが付いています。
THE SKY’S THE LIMIT

その意味は、「限りない」「不可能はない」

 

これからも、ナナシス2053という星を追いかけていきたいです。

”楽しい”が同居する応援を

誰かや何かのファンとして行動するとき、『好きなら応援するよね?』といったスタンスを感じることがあります。
最近は「推し」や「推し活」といったワードが一般のものになったりと、そういう時代になってきたというのもありますが。

 

少し前を振り返ってみると、日常生活のバランスを崩しながら趣味に傾倒している人は”オタク”と呼ばれました。
正確には”ヲタク”表記だった気もしますがそれはさておき。
好きなことを「好き」と言うことだったり、自分の納得がいくまで突き詰めて調べるなんかは今でもそんなに変わらないと思うのですが。
「応援する」「宣伝する」
という点においては、今とだいぶ違うなと感じるところがあって。

好きなものを自分の範囲の外で必要以上に宣伝して回ることは、”ネット上の荒らし"のように捉えられたり、ただ目立ちたいだけの、当時のワードで言えば”イタい人”と見られて、煙たがられるような行動でもあったんです。
それは、ある意味オタクが一般の中に認められていった、容認されていったことともある意味連動するとは思うのですが、徐々に受け入れられていき、変なことという認識ではなくなりました。
重ね重ね、『時代』なんでしょうね。

 

何かを好きでいることが、応援することと直結するようになった今。
ややもすると、好きと応援のバランスを崩して、応援することが義務的なものになりつつあるような気がします。
それを肌で感じることもそこそこあります。

でも『自分がそうなっているな』と感じたときは、一呼吸おいて今の状況を冷静に見ることも必要なんだなあと思うんです。

 

私自身は、じつは「作品やコンテンツのオタク」です。
人を応援していたりもするけど、基本は作品やコンツのファンです。
作品を見て楽しみたい。
作品から感動を受け取りたい。
作品や曲に元気をもらって、自分の原動力にしたい。
それが、私がオタクにカテゴライズされるような生き方をしている、根っこの部分なんですよね。

だから、もちろん人も応援するけれども、応援すること自体が目的になってしまったら絶対にバランスを崩すと思っています。
たぶん、過去に何回か盛大に崩してるし、ちょこちょこ小規模の崩しもする。
誰かを応援するというか支えるということは、自分を自分で支えるべきエネルギーを誰かに流しているということなのかもしれません。

応援、楽しみましょ。
楽しめないと思ったら、周りを気にせずひと呼吸置きましょう。
それで誰かから責められることはないはずです。
もしそうだったとしたら、”そういう世界だった”というだけのことです。

 

最近は、だーっと書いたブログを見直す過程で
「や、これは外に出すべき文章じゃないな」
と思って結局更新しないことも多くなったんですけど、この文章はかなり荒いし適当だしまあ反感買うようなこともいっぱい書いてる気もするんですけれども、なんか熱がごっそり乗った感じになったので、あえて確認や推敲をせずにそのままスパッと投稿してみることにします。

 

誰かを応援することが、自分の人生をカラフルに色づけてくれる楽しいことでありますように。

 

 

それでは。

16bitセンセーションに泣かされた話

往年の美少女ゲームクリエイターが集まったアニメとして話題の「16bitセンセーション ANOTHER LAYER」。
舞台となった1992年よりもだいぶ後にネット文化・ヲタク文化に足を踏み入れた私ですが、とても慣れ親しんだ世界なこともあって、楽しみながら、懐かしさを感じながら見ています。

 

本当は気軽に、肩の力を抜いてみるべき作品なんだと思うんです。
でも、私は2話のとあるシーンに、感情をやられてしまいました。

 

美少女ゲームの未来に可能性を見いだせず、
美少女ゲームは、今は珍しいから売れてるけど、こんなのすぐに無くなる」
と吐き捨てる、プログラムが好きな少年。
それに対し、

「なくならないよ!」

と啖呵を切る主人公のコノハ。
そして、こう続けます。

「今にこのアキバは美少女であふれるんだよ!
ううん、アキバだけじゃない。

ゲームにも、アニメにも、マンガにも!
電車やバス、お米やお酒にだって!
美少女キャラでいーっぱいになるんだよ!」

「未来が美少女でいっぱいになったのは、美少女ゲームがあったからなんだよ!
 コノハみたいな痛いヲタも、美少女ゲームがあったおかげで、『こういう属性なんですよ、てへー』みたく変換して生きられるし、頑張れるんだよ!」

 

なんかですね、コノハのこの啖呵を聞いて、私は涙が止まりませんでした。

 

私がヲタクになったのは、1992年どころじゃなく、その10年以上後で、その頃はもうネットの時代だったけど。
その時って、美少女ゲームとかキャラクター趣味って、理解されなかったんです。
変わり者扱いされ、冷たい目で見られ、影に隠れざるを得なくて。
損得で考えたら、得はなかったかも知れない。
だから、ヲタクであることを隠した。
まさにそんな時代。

でも、美少女ゲームの持つパワーって、エネルギーってすごくて。
周りからどんな評価されても、その熱量は信じていて。
それが会ったからこそ、私は生きながらえることができたし、その後の人生にも大きな影響を受けています。
これは誇張でもなく、真実です。

 

あれから、何年が経ったか。
ヲタクが”オタク”として、こんなに一般化する未来が来るとは思わなかった。
何が好きかを大声で叫んでも煙たがられない、そんな時代が来るとは思わなかった。
奇跡なんか起きないけど、あるとすれば、まさに美少女が世界中にあふれているこの未来が成立したこと、まさにこれなんじゃないか、と思うのです。

 

16bitセンセーションは、あの頃を懐かしく思う人だけが見るべき作品じゃありません。
楽しく見れるはずだけど、きっとどこかに刺さる部分がある。

3話が始まる前に書きたいと思って、一気に書き上げました。
この文章が、誰かのきっかけになったら幸いです。