つるまうかく

群馬在住ヲタクのネット書斎

西園寺琴歌Pの特別な一日

2021年11月28日、場所は幕張メッセ
この日は、『アイドルマスター シンデレラガールズ』というコンテンツの10周年というお祝いの日でした。
そんなめでたい日に開催される周年ライブの会場に、他の参加者とはほんの少し表情が違う参加者がいました。
浅利七海。
八神マキノ。
そして、西園寺琴歌。
この3人を担当している、”プロデューサー”です。

彼女たちは、2021年の”ボイスアイドルオーディション(VIA)”でキャラクターボイスの実装が決まり、今回のライブで初めて、そのキャストさんが登壇してパフォーマンスを行うことになっていました。

 

会場では、気合いの入ったファンの姿を見かけました。
七海の缶バッジをずらっと揃えたビニールバックを持つ七海P(複数観測)。
お揃いの法被で熱気を高めるマキノP。
琴歌Pは、スーツ姿の人はそうかなと思ったりしましたが、あまり目立たず。
後にわかるのですが、実はさりげなく、うすピンクや薄紫のワンポイントを入れている人が多く、”自分ではなく琴歌を目立たせたい”という琴歌Pらしさを感じました。

会場に入っても、2つ隣の人が琴歌Pだったり、前方に七海やマキノのペンライトを持っているPがいたりして、新たに参加する”VIA組”を歓迎するムードが会場全体に漂っていて、とても心強かったです。

 

開演前のアナウンス。
「今回初めて登場するアイドルもいます」ということが言われ、目頭に熱く上ってくるものがありました。

 

1曲目の「なんどでも笑おう」。
アイマス15周年の全体曲で、”まさか初っ端には来ない”という位置づけの曲です。
そこに驚きながら。

全体曲なので、すべてのキャストがそこにいるはずなんです。
ところが、琴歌が・・・いない。
どこにもいない。
モニターにはツインテールらしき姿が映って、安齋さんかなとは思ったのですが、ステージ上どこを見てもいない。
VIA組は別の場所にいるのかと思って会場の後ろを見たりしたのだけれどいない。
2番の途中まで、私は琴歌を探し続けていました。

後でわかるのですが、ちょうど私の座席の位置の問題で、琴歌役の安齋さんがいる目の前に卯月役のへごちん(大橋さん)がいて、ちょうど隠れてしまっていたんです。
曲が終わり、MCのときにちょうど私の前あたりに移動してきて、初めて
”西園寺琴歌を演じる安齋由香里さん”
の姿を目の当たりにしました。

 

私が琴歌のプロデューサーになったのは、デレステのKeyコラボがあってからですから、2020年の6月頃でした。
安齋さん(ざいちゃん)は、「温泉むすめ」などのコンテンツを通して2018年頃に知っているので、実は琴歌より安齋さんを知ったほうが早かったりします。
他のコンテンツでも活躍していて、画面を通じて目にする機会も多く、その人となりはよく知っていたので、琴歌に選ばれたときも、とても安心感がありました。
しかし、私自身安齋さんが出演するイベントになかなか縁がなく。
このライブが初めての”安齋さんの出演するイベント”でした。

 

この時の私の感情をストレートに書きます。
「琴歌役のキャストさんがステージに立っている」という事実は、とても重みをもって心に届きました。
ただ、この時点で私が見えていた姿として、安齋さんはのちに「一度もしたことがない」と話した”ツインテール”の姿で出てきていたので、そこにいるのがざいちゃんという感じがなくて。
そして、MCの時間は琴歌を演じていないので、琴歌でもなくて。
”いつもの安齋さんとキャラクターとしての琴歌の中間のような印象”
だったんです。

そんな、摩訶不思議な存在の安齋さんは、先輩の立花理香さんの助けもあり、なんとかMCを済ませました。

 

「とどけ!アイドル」から始まり、個人曲につながるセクション。
ウサミンが「メルヘンデビュー!」で会場を盛り上げると、りっか様が「花簪」でしっとり締める、圧巻の流れ。

今回、「新しく参加するVIA組は出番が少ないよ」と、歴戦の多くのPから言われていました。
しかし。
ゆきんこさんが浅利七海役の井上ほの花さんを引き連れて「輝く世界の魔法」で出てきたとき、悟りました。
「今回、VIA組の出番、もしかすると多いぞ・・・」と。

 

その後のMCで、安齋さんは
”オーディションの時、大泣きしてしまった”
というエピソードを話しました。
アイマスへの思い入れの強さから、会場について動転してしまい、スタッフの人々に介抱されながらオーディションを受けたそうです。
私はそのとき、安齋さんが琴歌になった理由がわかりました。
多くの琴歌Pも、そう思ったのではないでしょうか。
『ああ、西園寺琴歌だ』、と。

 

その後のセクションは圧巻でした。
一日目にやって二日目なかったらショックだと言っていたほど好きな曲、「ガールズ・イン・ザ・フロンティア」から始まり、個人的な安野希世乃さんのイメージを180度展開させる「Rockin’ Emotion」、「Twilight Sky」「Claw My Heart」と続くロックなステージ。
私もガルフロ! ロキエモ! トワスカ! クロマイハー!UOをボキボキ折りまくりました。
「トワスカで前方にいたらオレンジを振って」と教えてくれたP、ありがとうございました。

そしてその後、へごちんとマキノ役の二ノ宮さんという(実際の)事務所(ホリプロインターナショナルですbyはっしー)の先輩・後輩コンビで歌う「メッセージ」に聞き入り。

次に流れてきた曲は、事前には聞いたことがなかった曲でした。
ただ、そこで登場したのは、安齋由香里さんと”あんきら”のふたり。
「どやふんす」がステージ上でも公式化する中で、琴歌役の安齋さんがあんきらのサポートを受けて歌い上げたのは、相場夕美のソロ曲「Dreaming Star」でした。
この光景は、ものすごく不思議で。
声はまだ緊張していて、だからこそあんきらのサポートが必要だったのですけれども、ダンスを含めた所作はだんだん琴歌に近づいて行っている感じが、しました。

MCでは、ふーりんこ福原綾香さんの
「やります。」
という即断のエモいエピソードも披露され、次のセクションに。
ほぼ同期組の「TRUE COLORS」、まつえり魂の叫び「2nd SIDE」、嘉山さんが引きずりこまれた「ドレミファクトリー」、翌日まで花井さんがオリメンだと思い込んでいた「命燃やして恋せよ乙女」と続き。

次に流れてきたイントロで、私は少し声を漏らしてしまいました。
「We're the friends!」です。
このライブに向けて予習する中で好きだった曲で、ただだいぶ前の曲なのでやると思わずそうなってしまったのですが。
さらに驚きました。
そこにるるきゃんと合わせて、ざいちゃん、琴歌が出てきたことに。

不思議なんですよね。
だんだん、ざいちゃんが琴歌に見えてくるんですよ。
ステージで緊張している弱さも、堂々とパフォーマンスする強さも、それは琴歌が併せ持っているはずのもので。
琴歌になっていく、というほうが、イメージに近いかもしれない。
きっと、ざいちゃん、安齋さんは、このライブ中に、ものすごい勢いで琴歌としての階段を駆け上がり、ものすごい成長をしていたんだと思います。

 

そんな”ウィアフレ”を琴歌が見事に勤め上げ、次。
私は琴歌Pですが、一番涙腺が危なかったのはここでした。
嘘だろ、と思いました。

                    Treasure☆ / 井上ほの花                    

新メンバー、まさかのソロです。

井上ほの花さんのステージは、前に見たことがあります。
2019年のナナシスの5thライブで、キャスト交代を経ての「新生Le☆S☆Ca」のキョーコ役として。
そのとき、計り知れないプレッシャーを抱えてステージに立った井上さんは、ステージ上で涙を流していました。

その井上さんが。
堂々と、大舞台の、ステージに一人で立ち、ずっとニコニコしているんです。
ちゃんと浅利七海ちゃんなんです。
もう感無量でした。

途中から”助っ人”として、へごちんと青木さんが登場するのですが、心配なのは七海が船に酔ってしまう演出がないかくらいで、船で大きなサバと格闘するという、まさに独壇場を演じた七海は、まさにこの曲の主役でした。

 

次のMCだった、と思います。
琴歌Pとして、とても印象的でした。
「ウィアフレ」の曲振り返りを行う中で、琴歌とのデュエットをした城ヶ崎美嘉役の佳村さん(るるきゃん)が、安齋さんの努力とステージの成果をとても褒めていて。
それについて、会場にこう呼びかけたんです。
「そうだよね?琴歌P!!!」

同じことを思っていた人もいましたけど、あの瞬間、本当に救われたような気持ちになりました。
るるきゃん、ありがとう。

 

エンディングに向けて熱気を高めていく終盤セクションは、「Gossip Club」から始まり。「Trancing Pulse」は、まさかのマキノがセンター。
歌手活動もバリバリこなす二ノ宮さんは、まつえりや長嶋さんに負けないパワフルさを発揮しました。
そしてここからしびれる2曲、「Just Us Justice」「∀NSWER」はこれまた格好良かった・・・

そしてここでついに、VIA組のユニット曲「Let's Sail Away!!!」
初出演の人しかいないはずなのに。
そこには、前からライブに出ていたかのように、堂々と。
七海が、マキノが、そして琴歌がいました。
解釈寸分違わぬ3人でした。

3人だけのステージは怖かったでしょう。
プレッシャーもすごかったでしょう。
でも、見事に、元気いっぱいにやり遂げた。
すごい、すごいよ。

デレステの演出にもなった会場の白い光が、少しでも3人の勇気になっていたら、幸いです。

そして、これを受けての曲が。
「ススメ☆オトメ~jewel parade~」

これはもう、反則でしたねー。
レジェンドすぎて。
そうそうたるメンバーによる、ススメオトメ。
堪能させていただきました。

 

そしてアンコール前ラストの曲「EVERLASTING」。
この曲は全体曲で、すべてのキャストが登場するのですが、この時点で、私は安齋さんが琴歌に見えました。
ざいちゃんは、このライブを通して、琴歌になったんだな、と思いました。

EVERLASTINGの意味は”永遠”。
この作品が、延々と続いていきますように。

 

アンコール、特報(謎アニメ)と続いて最後のMC。
安齋さんは、「琴歌ちゃんは10年もアイドルをやってきたけど、私は今からだから、少しでも琴歌ちゃんに追いつけるよう頑張りたい」と、涙をこらえながら。
その言葉を聞いて、こう思いました。
ざいちゃん、琴歌になってくれてありがとう。
これからの琴歌を、よろしくお願いします。

井上さん、二ノ宮さんと、VIA組が涙していく中、ざいちゃんも決壊。
りっか様がすっとタオルをとりだして渡す姿が印象に残っています。
先輩に恵まれてよかったねと。

 

最後は「お願い!シンデレラ」。
かき回しありのわちゃわちゃステージですが、ざいちゃんが二ノ宮さんや井上さんとわちゃわちゃしながらステージ上を”泳ぐ”姿を見て、ホッとしました。

 

 

こうして、琴歌Pの長い一日が終わりました。
琴歌を見守るだけでなく、だいぶ楽しんでしまったような気がします。
でも、それでいいとも思っています。

琴歌がざいちゃんでよかった。
声やステージング、色々な見方がある中で、”西園寺琴歌に対する意識”をとても大事にしていることがわかりました。
単にキャラクターが好きなだけではない、憧れだけがあるわけではない。
きちんと、このキャラはどういう人となりで、どういう考え方を持っていて、どんなステージをするか。
それをしっかり考えて、そこに近づけることができるから、その努力ができるから、ざいちゃんが琴歌になったんだなということが、わかった気がしました。

そして、何度も書きましたが、このライブの中での成長がすごかった。
見せ方もあるかもしれないし、そういう捉え方は好まないかもしれません。
ただ、見守っている側としては、そう見えて。
ざいちゃんがどんどんどんどん琴歌になっていったんです。
それはすごいことだったし、それをこの目で見ることができたことは、幸せでした。

最後に、琴歌をこの世に現界させてくれたこと。
これについては、感謝しかありません。
ざいちゃん、本当に、ありがとう。

 

琴歌にとっては、ここがSail Away、まさに出航の時です。
10年を経て、大海原に漕ぎ出していく琴歌の、微かでも追い風になれたら、幸いです。

本当に、幸せなライブでした。
皆さん、ありがとうございました。

f:id:tsurumau_yuki:20211129210831j:plain

 

Voyage

”Voyage”という単語を、最近見かけることが多くなりました。

それは、TrySailのライブツアータイトル及び曲の「Re Bon Voyage」かもしれません。
または、アイマススターリットシーズンの楽曲の「VOY@GER」かもしれない。
もしかすると、『旅』に出る行為そのものかもしれません。

 

「Voyage」という単語で思い出すのは、浜崎あゆみの「Voyage」です。
完全に、『世代』ですね。
2002年の曲だそうです。
それでも、浜崎あゆみの楽曲って、なんだかんだ言っても強くて。
今なお色あせることはなく、すぐに思い出せます。

『僕たちは幸せになるため この旅路を行く

このフレーズが、とても耳に残っています。

www.youtube.com

 

Re Bon Voyageは、フランス語の『Bon Voyage』という挨拶から生まれています。
その意味は、”よい旅を!”というもの。
旅の道中で何かよくないことに合わないように、という思いを込めた挨拶となっています。

また、VOY@GERはアメリカの宇宙探査機「ボイジャー」がひとつの由来になっています。
これは、惑星を探査する目的で打ち上げられたもので、その名前は
航海者 または 冒険的航海者
を意味しています。
宇宙を進むことを”航海”とすることからVoyagerという言葉が選ばれたのだと思いますが、先述の"Voyage"も、どちらかというと船旅を意味している言葉のようです。
その意味では、帆船で前に進んでいくイメージを持つTrySailに、Voyageという単語が使われたのは、偶然ではなく考え抜かれたものなのでしょうね。

ん、航海?Sail Out?
Let's Sail Away!!!・・・?

・・・失礼しました、少し脱線しました。

 

 

Travel、Tripなど、旅を意味する単語はたくさんありますが。
私はこのVoyageという単語が結構好きです。

今、全国各地に向かっている方も多いでしょう。
みなさまの道中の無事を祈って。
Bon Voyage!(よい旅を!)」

祝い花との向き合いかた~2021暮れ

またひとつ、お花企画を立ち上げてしまいました。
無理はしていないんです、「贈りたい」と思ってしまったら、もう動いている。
そんなことを、かれこれ4年くらい続けています。
贈る相手方は、都度都度違うみたいですけどね・・・

twipla.jp

今回の企画です。もしよろしければ、ご参加をば。

 

ということで、2021年の終わりに近づいた今現在の状況と、そして個人的な祝い花のスタンスを、いい機会なのでまとめてみたいと思います。

 

祝い花については、100%の皆さんから称賛されるタイプのファン活動ではないものの、おおむねご好評をいただいていて。
イベントの運営が許可したり、場合によっては贈られたご本人に話題として触れていただいたりなど、色々な方々のご理解を頂いて、いわゆる「公式に許可された」状態の活動になっていました。
それでも、公序良俗に反するフラワースタンドや、あまりにも独りよがりと受け取られるフラワースタンドには非難が集まるなどもあって。
運営側とファンの間で信頼を積み重ねられてきたからこそ、『祝い花文化』が醸成されてきたわけで、2019年まではそれが続いてきたわけです。

そして2020年、COVID19ことコロちゃん襲来。
これで、祝い花は風前の灯火となってしまいます。

それから一年、祝い花も少しずつ贈れるようになってきました。
しかし、フラワースタンドなどを前のように贈ることができるイベントはいまだ少なく。
ファン側も、あの手この手と、今までとは異なる方法を模索しながら、お花文化を復活させようとしてきているのが、今だと思います。

 

それを踏まえて、今の私の考え方です。
方針としては二つあって、

①祝い花を贈ることができる場があれば、積極的に検討する

というのが一つ目です。
今でも、基本はイベントへの祝い花はNGのことが極めて多いです。
ただ、様々なリスクを考えながらも
「ファンの想いを受け取りたい」
と、祝い花を許可してくれるイベントがあります。
そういった姿勢に対して感謝したいですし、こちらも想いで応えたいなと思うのです。

また、イベントではなくても各種コンテンツや、番組だったりで、お花いいですよと許可を出してくれる場合があります。
また、”プレゼント”としてお花を贈ることができる事務所さんもあります。
そういった形で、門戸を開いてくれているところについても、ありがたいなあと思います。

 

2つ目として

②それが何らかの形で贈った相手に届く

という方針があります。
”あります”というか、コロナ後に自分が何をこだわっているんだろう…と考えたとき、もう一つの柱としてこれが浮かんできたんですね。
おかげさまで、私のほうで主催させていただいた祝い花については、その相手方にしっかりお届けすることができています。
いちファン、またはファンの中の一部での活動になりますので、表立った反応ができないこともあるとは思いますが、基本的にはすべて、届いてはいます。

このことは、大事だなと思っていて。

「お花はなんのために」ということを、私はよく考えます。
間接的に、お花屋さんのためだったり、ファンのためだったり。
見方はいろいろできるんですけれども。
やっぱり、そこにあるお花は、贈った相手のためなんですよね。

そこは大事にしたいと思いますし、その目的を見誤らないようにしたいと、これは昔からずっと、思っています。

 

 

色々な人に贈って無節操だなあと、思われているかもしれません。
結局は贈りたいだけおじさんなんでしょ、と思われているかもです。
でも、それでいいとも思っているんです。
綺麗なお花が相手に届けば、私はそれでいい。

 

お花贈りをされる皆さんは、悩むことが多いと思います。
ただ、自分が大事にしていること、それを詰め込んだお花を見られたら、本望です。

 

お花は、いいぞ。

 

 

 

『自分の強み』はどこから生まれるのか

自分の強みって、わかんないですよね。
学校生活とか、それこそ就職活動だとかで、さんざん”分析”したはずなのに、いまだによくわかりません。
結局、この世の中は人と人との関係から成り立っていて、環境が変わればパワーバランスも変わってくるので、これといったものが永久的に固まることはないということなんだろうと思います。
それこそ、”匠の技術”とか、高い専門性を求められる技能であれば別なんでしょうけど、それでも一生同じ水準でいられるわけではなく、日々日々変化はしていくわけで。

ただ、ふと思ったことがあって。
例えば、メール投稿して採用されたものって、内容は違えど方向性は同じ感じだな、とか。
SNSで少し話題になるものも、地域の話題を絡めたものだなとか。
相手が打って響く人であれば、真っすぐを投げると動いてくれることがあるなとか。

これは、傾向なんだと思います。
別に優れた技能があるわけでも、狙いがいいわけでもなくて。
これまで自分の中に取り込んできたものがうまくかみ砕けていて、それを表に出すルートが理にかなっているのかなと。

 

自分の強みって、本当は自分じゃわからないんですよね。
人から言われて、初めて気づく。
もしくは、何か同じような実績が積みあがってきて、後ろを振り返って初めて知る。
「もしかして、私、これが得意だったの・・・?」と。

『強み、弱み』と言っている時点で、それって、そこにモノが2つ以上ないと成立しない概念なんですよね。
比較して、序列をつけている。
だから、自分一人だけでは、その答えは出ないんです。

 

だからと言って、誰かに勝てとか、強みを作れというわけでなく。
人から言われたり、結果から見えてきた強みって、結局は
”自身がこれまでどう生きてきたか”
という部分に由来していたりするんですよね。
ということは、一日一日を、生きて。
それを積み重ねていけば、何かしらは人と比べての”強み”になっているはずなんです。

 

 

人間というのはあまのじゃくなもので。
私は特にそうかもしれませんが。
まあ、自分の強みが何かを自覚すると、その強みを生かそうとして、何かを狙ったり、打算を考えたりするんですけれども、そういうときって、決まってうまくいかないものです。
理不尽ですよね。
でも、それが人生の面白いところだと、私は思います。

 

結局、強みというのは、日々の積み重ねの中から生まれてくるんじゃないか、というお話でした。
毎日、アドベンチャーゲームのように正解のわからない選択肢を選び続けている私達には、どう進めばいいかの正規ルートはありませんが。
昨日までの自分を信じてあげて、明日からの未来に希望を捨てずに。
毎日をしっかり、一歩ずつ進んでいくことが、大事なんだと思います。

書きたいことどさっと

書きたいこと、たくさんあるんですよ。
BUMP OF CHICKENの「ベル」みたいに『なかなか言葉になっちゃくれない』わけではなく、どう書こうという方向性はしっかりしてて。
ただ、単純に”時間ねぇー!”というわけでございます。

 

本業のお仕事のほうもかなり山場に来ていて、なかなか仕事中にメールを書く時間もない始末。
まあメールを書くというのは冗談ですが、なかなか息をつく間がありません。
ですが、いらない残業はしたくないので、なんとか時間の中で処理するように、効率分散MAXで馬車馬のごとく勤労しております。

 

デレのライブが週末に迫っている中、それよりもなによりもデレステでの琴歌の3枚目SSRの実装ですよ。
もう、『Pが本当に求めていた琴歌』がそこにいて。
そして、既にそう解釈してるPもいらっしゃいましたけど、そこに至るまでには1枚目、2枚目のSSRカードを含め、ちゃんと線路が敷かれていて。
いえ、琴歌自身がスタートレインとして自ら線路を敷設して、進んできて。
それを受けての、親愛度コミュだったり、カードのコミュも、よくてですね・・・
ここ2日くらいは、予習どころかそこに浸っておりました。

 

そして、その予習ですね。
本当なら、もっと前から手を付けるはずだったのですが・・・
どんな曲があるのかをリストアップして精査する前に、ネットが断絶。
これがかなり大きな痛手となって、他のことに時間がとられてしまい、結果予習にも影響することに。
もはや全曲や、あたりを付けた曲を予習する時間すら残っていないのですが、
「もっと気楽に(意訳)」
という先輩P方々からアドバイスをもらったので、少し気持ちが軽くなりました。

 

そして、お花企画、現在進行しているものが、少し想定外もあって。
おそらくリカバーできるとは思うのですが、これも完遂するまで、気が抜けません。
お花企画には一切手を抜かないし、ギリギリのところまで妥協はしませんよー。

 

そしてもうひとつ、新たにお花企画を立ち上げる予定です。
本当は今日立ち上げるつもりでいたのですが、お金関係の負担等で悩んでいて、明日以降になる見込みです。
こちらもいいお花が贈れそうですので、頑張りたいと思います。

 

そして今日はもちょの配信がありましたね。
とてもいい配信でございました・・・

 

あと、これはデレがひと段落してからかな・・・と思っていますが、行きたい場所に行くというのも、考え始めていきたいなと思います。
コロナで旅行の心をぼっきり通られていましたが、やっとそれも治りそうですのでね!

 

その他、近いうちに考えなきゃいけないこともいくつか。
将来的に、やっておきたいこともいくつか。

 

時間はいくらあっても、足りないですね。
後は、自身の中にある熱量で乗り切ります!