つるまうかく

群馬在住ヲタクのネット書斎

「中の人」人気とアニメーションへ溶け込むという概念

「声優ファンはアニメを見ない」
ウソのようなほんとうの話で、その状態に陥っている人は少なくないようです。
『作品やコンテンツ重視』だと言ってる私も、1クール(3か月)でアニメを5本くらいしか見ていないこともあり、人のことを言えたもんじゃありません。

これは、”声優”と呼ばれる存在が人気になったことの証左でもあって。
声優のイメージが「アニメ声優」「アニメやゲーム、映画に声を当てる裏方の人」だったのが、音楽活動、ラジオ、モデル、インフルエンス、アンバサダー的なタレント活動など、個人を全面に出しての活躍の幅が横にずずいっと広がった感じがします。
最近は、ドラマやCM、バラエティなど、テレビの中で声優さんご本人の姿を見かけることもだいぶ増えています。

本来、声優は「キャスト」、役者に含まれる存在で、ファンの人数が多い少ないにかかわらず『この作品をやるからこの役はこの人にやってもらおう』という形でキャスティングされるはずなんです。
最近は”中の人”がクローズアップされる世の中にもなってきていて、それで個人活動が成立してきているんだなあと感じます。

 

声優さんがアニメーションに命を吹き込むスタイルとして、「唯一無二の声」を武器にすることもあるでしょうし、「芸達者さで作品の必要なところに溶け込む」スタイルもあると思います。
唯一無二の人は、本当にその声一つで食べていける人ですよね。
それも、ただ同じパフォーマンスではなく、パワーの出し方を調整したり、思いをしっかり込めたりすることで、『あ、この声は!』となるのに、作品の味を深くしている。
一つの声を極めたからこそ為せる技だと思います。

ただ、唯一無二タイプだけで作品は作れないので、溶け込むタイプの人も必要で。
『最近の声優さんはレベルが高い』と言われますが、溶け込めないと現場に割って入っていけないという部分もあるんだろうなと思います。
それはときに、個性を抑えることになったり、消さなければいけなかったりする。
でも、それをやってのけるのは「まさにプロだから」だと思います。

 

冒頭に書いた「声優ファンはアニメを見ない」は、別にファンが緩慢なわけではなく。
個性を追い求めるファン心情と、個性を薄めたりする必要がある部分が、噛み合いづらいんじゃないか、と思ったりもします。
だから、個人活動のほうにフォーカスが当たりやすかったりする。

そして、そこを重視して応援することも、ひとつありのスタイルだと思います。
ただし、本人がアニメに溶け込む存在を目指している場合もあるので、そのあたりは意識しながら応援できると、齟齬が生まれづらくなりますし、いいかもしれませんね。

 

「声優」というくくりが「タレント」に近いくらい幅広くなっている昨今。
声優が「アニメに声を当てること」に留まらない活躍を見せているなかで、その人個人にスポットライトを当てて応援できるということは、よく考えたらとても素敵なことだと思います。

ただ、個人にスポットを当てすぎて、大事な夢とか目標を否定したりすることのないように。
自分自身にも言えることですけどね。
ちゃんとキャッチボールをしながら、ファン活動なるものをしていくことが大事だなあと、改めて思う今日この頃です。

空回りの推し事

推し事、誰かをファンとして応援することは、基本は「やらないよりやった方がいい」し、熱量があることも基本的にはいいことのはずです。
それが大前提、なのですが。

 

先日、推し事から遠く離れた場所でこんな話を聞きまして。
それは「とても長い手紙は逆にこわい」というお話で、それを聞いたわたしは冬なのに冷や汗ダラダラ
熱量をもって長文のお手紙を書いている人はたくさんいるし、何より私自身が手紙を長く書くようになってきていて。
それは思い入れの強さみたいなところもあり、心情としてはプラスのベクトルでしかないのですが。

ただ、それが自分の領域ではない話だったこともあって、少し冷静に見ることもできて。
それが脅威とか、圧やプレッシャーに捉えられてしまうケースも、ないわけではないのかなと、考えてしまったんですよね。

この結論は、「人による」「どちらがいい悪いはない」だとは思うのです。
ただ、両方の視点は持っておいたほうがいいなと、最近は思うようにもなって。

 

そんな”圧”の部分は、自分自身に心あたりがある出来事もありました。
かつて、当時応援していた方に、いわゆる「誕生日の祭壇」の写真を送ったことがあって。
番組内では「ありがたいです」という反応をもらったのですが、その時の表情が心なしか引きつっていたんです。
おそらく、気味悪がられて引かれたたんですよね。
ここまで踏み込むのはアウトなんだなと、そのときは察しました。

自分自身で振り返るだけでも、そんなことが結構あったような気がします。

応援することが、独りよがりにはなっていないか。
その応援には、心がこもっているか、ルーチンになっていないか。

よく言う話ですけど、相手との距離感を測って、キャッチボールのようなやり取りをしていくことが、大事なのだと思います。

 

誰かに「がんばれ!」というときに、ファンとして「好きです!」と好意を伝えるときに、大事なのは、やはり心の内の本心であり、その時の感情なんだと思います。

人は他人のことを全然気にしていないけど、それでも人の心を推し量ろうとする。
どんなにすごい内容でも、どんなにすごい成果でも、心がこもっていなかったら、察してしまう。

熱量もそうで、バイオリズムと同じでそのときどきで増減すると思うんですよね。
何年も何十年も、一つのことに熱中している人って、きっといないはずなんです。
いつもフルパワーでそれに向き合っているというのは、なくて。
短期間だったら持つけど、どこかできっとガス欠してしまう。

熱量が多いなという人は、やっぱりガス欠してしまう瞬間をわりと見かけます。
また、そのタイプの人には、新たに登場したこれからの人を応援したいと思ってそちらに熱量を振り分けることも、ケースとしては少なくなかったりします。
私もその傾向が多少あります。

ずっと熱量高く、一点を・・・って、本当に難しいんですよね。

逆に、長続きしている人は、弱火でじっくりコトコトという感じで、応援している対象を、保護者視点や、孫を見るような感じで、一歩どころか二、三歩下がって、どっしり構えていることが多い気がします。
これも、一気に燃え上がらないことで長続きしている秘訣なんじゃないかと思ったりもします。

 

難しいし、正解がないことだってのも、繰り返し思っているところです。
ただ、自分のやり方が、周りだったり、応援しているその人に向かって、いい効果があればと放っているエネルギーが、実はマイナスのものだったってなるのは、やっぱり残念なので。
ましてや、私なんか行動に不快感を持たれるような性格しているので、尚更。

よく考えながら、空回りしないようにしていきたいなあと思う今日この頃です。

応援は巡り巡りて

完全に”受け手”だった私が、お手紙を書いたり、お花企画などのファン活動を始めた頃に、既にその道を先駆していた人に言われた言葉があります。

『お手紙を書いたりプレゼントを送ったりしても、本当に当人の手にわたっているか、読んでもらっているかはわからない。
お花だって、見てもらえているかわからないし、よく思っていない人もいて、ある意味それが当然。
見返りなんかもないよ。
”応援は自分のためにやること”だというのは、思っておいたほうがいいよ』

と。
人生訓的な感じの会話でしたが、文字に起こすとなかなかに強烈ですよね。
今とは少し状況も違うとは思いますが、「応援される側とは棲む世界が違う」と考えている私にとっては納得のいく考え方で、私のベースの一つになっています。

応援する行為は、結局のところ自分のためなのか。
ニュアンスを伝えるのがとても難しいんですけれども。
「確認できる方法が乏しいので、そう捉えざるを得ない」
というのが、個人的な結論です。

私たちファンが、応援している人と一対一でやり取りをしていると考えていても、そこには事務所があって、クライアントさんがいて、コンテンツがあったりする。
それを前提で動いている仕事である以上、ファンが「良かれとしてやったこと」が求められていたことなのか、相手にプラスになるのかって、わからないんです。
だから、自己満足と捉えた上で動くほうが、袋小路に入らなくていい。
そんな感じでの、「自分のため」なのかなと思います。

それでは、応援することは、相手のためではないのか。
それには声を出して言います。
そんなことはありません。
こういう内容を書くと、「考え抜いた上で応援すべき」とか、「なにか問題になるならやらないほうがいい」という話になりがちですが、そんなことはなくて。
応援の仕方だって、千差万別です。
イベントにたくさん行ったっていい。
グッズをたくさん買ったっていい。
何かファン企画をやるのもいい。
でも、SNSでつぶやいたり、RTすることだって、立派な応援なんです。
友達や仲間に『こんな新人さんいるんだよ』と話題に出すのだっていい。
それも大事な応援のひとつなんです。

決まりがあるなら、それを守ることは大事ですが、それ以外はやりたいことをやれば良いんだと思います。
変な話、マナー的なものもとりあえず置いておいて、少し問題になりそうだったらトーンを落とせばいい。
気をつけるのは、「応援の大小で判断することは避ける」ということと、「応援することだけが目的になってしまわないようにする」ということくらいでしょうか。

私が頻繁に使う”キャッチボール”もそうですが、相手方と会話しながら応援すること。
そして、相手に嘘をつかない、おべんちゃらを使いすぎないこと。
そのあたりが中心にあれば、きっといい応援になると思います。

 

最後に、「本当に見返りはないのか」、「報われることはないのか」という話をします。

”コアファン”という概念があります。
「ファンとして強い情熱を注ぎ続けている人」のことを指す言葉で、それが古くは「オタク」と表現されてきましたが、その相手方に何か動きがあったときに、寄り添って反応・行動するタイプのファンです。
ファンの人数が多い人も、ファンの裾野がいくら広くても、コアファンの数は限られます。

そのコアファンのことを、当人は、事務所は、クライアントは、コンテンツは、思った以上によく見ています。
『深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ』と同じです。

ある意味、当然なのかも知れません。
ファン側はビジネスではないのに、相手方はそれが職業なのですから。

だから、コアファンの行動は注視されます。
その中で、要望もほんの少し、吸い上げてもらいやすくなっているのかもしれません。
これは保証できる話でもなく、夢物語レベルの話ですが。
うすく、ほんのりではあるのですが、その芽はある。

 

推し事も推し方も人それぞれ。
”そこに正解もないし貴賤もない”ということは心に持ち続けていますが、「動く」こと、これはとても大切です。

応援することのエネルギーは、きっとプラスです。
誰かに負けてほしくて応援することなんてない。
そのプラスのエネルギーが、世界を巡り巡って。
もし自分のところに戻ってくるようなことがあれば。

それはきっと、「幸せスパイラル」なのではないでしょうか。

「誰かが幸せになると、自分もちょっぴり幸せになるよね。
 君が幸せになると、私も幸せ。
 私も幸せになると君も幸せ。
 ずーっと、ずーっとくりかえして。
 ほら、幸せスパイラル」

(「リトルバスターズ!」より、神北小毬

 

 

【参考】

楽器と憧れとハードルと

私は歌うことが好きでした。
今も好きだし、できればずっと歌って暮らしたいくらいの歌好きだとは思います。
ただ、一つ大きなハードルがあって。
喉が弱いんです。
一曲でも全力で歌ったら、翌日には気管系を中心に不調が出る。
だからその代わりに、音階を出せる楽器をやりたい、という思いがずっとありました。

 

楽器の”憧れさせる力”って、すごいんですよ。
説明する必要もないかもしれませんが、「涼宮ハルヒの憂鬱」のライブシーンなんか最たるもので、あれでバンドに憧れたという人は、多いと思います。

私の場合、なぜベースを選んだかというと、じつは「けいおん!」ではありません。
いえ、確かに澪は好きでしたが、だからといってベースをやろうにはならなかった。
PCゲームの「キラ☆キラ」で、いわゆる「スェンダー」と呼ばれるベースが話題になったのがきっかけの一つ。
ゲーム自体はそこまでやってないんですけど、あのスタイルが格好良かった。

その後に、ライトノベル杉井光の「さよならピアノソナタ」に出会って、それでどっぷり沈みました、ベース沼に。
潜在的な憧れはあるけれども、それこそ「ぼっち・ざ・ろっく!」の下北の雰囲気のようにアンダーグラウンドな印象もある”バンド”というものを、「少年少女の青春もの」と「クラシック」という親しみやすい要素を入れて誘ってきたので、とても入りやすかったんですね。

それで私はエレキベースを買うことになるんです。
吸引力ってすごい。

でも、楽器をやるってハードルがめちゃくちゃ高いんです。
ましてや、教室に通うでもなく、自己流でやろうとすると、なおさら。

今なら、インターネットで「ベースの弾き方」なんて記事や動画は山ほどあります。
そして、その大半が、間違ったことは言っていません。
ただ、初心者がやるには、ハードルが高すぎるんです。
正しいがゆえに、その正しさに打ちのめされる感じ。

最初の頃は、必死に練習しました。
でも、あるレベルからは上達が感じられなくなり、それがだんだん苦痛になってしまい。
ベースに触れる頻度が減っていき、3年くらい経って、ほぼ弾かなくなってしまった。

 

練習方法が間違っていたのか。
レッスンに入ればよかったのか。
熱量が足りなかったのか。

たぶん、どれも違うんです。

それからいくらか経って、たまに、ベースに触るようになりました。
でも、これまでとは違う感じで。

気になった曲の、主旋律をベースで弾くようになったんです。
これって、後から考えてみると、やりたかった「音階を奏でる」「主旋(律)を奏でる」だったんですね。
他にも、音楽関係で気分が高まったときに、特にルールも構わず適当に鳴らすとか。

これって、たぶん効率的な練習ではないはずなんです。
でも、英語で言えば"play"で、子供で言えば”学びのためのまねび=遊び”なんですよね。
一曲、しっかりした曲をやろうとしてもそれはハードルが高い。
たぶん、こういう遊びをやることが、大事だったんです。

 

そして、今。
必死に練習していたときほどの技量に比べたら、たぶんダメダメでしょう。
でも、弾いているときの顔は、たぶん、滅茶苦茶明るい。
そんな感じでベースを弾けるようになりました。

 

かつて、「なかなかベースが上達しないんです」と人に言ったときに、こんな言葉が帰ってきて。
「俺もそうだよ、ギターは好きだけどたまにしか弾かない、でもそれでいいと思う」
と。
ああ、それでいいんだなと、今になって改めてわかった気がしました。

 

ちゃんとしたのをやらなくてもいい。
大事なのは、楽しむことだ。
楽器って、それが大事なのかもしれません。

楽器に限らず、何にでも言えることなのかもしれないですけどね。

 

 

さて、私がなぜ今になって楽器熱、ベース熱が上がっているかというと。
・・・お察しのとおり、ぼざろ、「ぼっち・ざ・ろっく!」です。

単純。
でもそれでいいんです。
楽器の”憧れさせる力”って、すごいでしょう?

2022年のつるまうさん

こんなスタイルでオタクをやることになるなんて思ってもみなかったです。

わりかし早めに今年の心持ちを整えることができたみたいなので、人よがりの文章にならないように気をつけながら、つらつらと綴っていきます。
主にオタク的なお話ですね。

 

私にとっての”激震”の年って、近年で言えば2020年で。
コロナもありましたが、心のベクトルの移り変わりも大きかった時期でした。
反面に、2020年の終盤から去年にかけては、ほぼ”凪ぎ”で。

かつて”前向き前進スタイル”だった頃に、いやなことや失敗したなあというのを積み重ねてここまで来たので、
「私自身が前面に出ていくスタイルになることは、もうないだろう」
と思っていました。

ところがどっこい。

いつもましての方は少々うざったく感じながらも察していただけるかと思いますが、ファンとしてグイグイ前に出ていくことも増え。
いつの間にか応援している人もたくさん増えていたりと。
ブログで書いてることとやってることが一致していないじゃないか、という総ツッコミをいただきながらも進んでいく一年となりました。

 

こういったところで具体名やタイトルを挙げるのもどうなのかなとは思いますが、まあ基本的には褒めちぎる目的ですのでね、そのまま書いてしまいます。

今年は、

という年になりました。

 

前者については本当にタイミングの妙で。
その前年に存在だけはちらっと知っていて、たまたま行った年始のイベントで出会い、定期ラジオを通じて理解と関心を深めることができ、年末に近い距離でお会いできた。
何かの要素が一つでも欠けていたらこうはならなかったという、理想的なファンのなり方だったのかなと思います。
七海こころさん、本当に魅力的な声優さんですので、みなさんも何かで見かけたら応援してあげてください。

そして、「ラジふぁぼ」という番組と、そのリスナーさんとの交流もとても楽しかった一年でもありました。
ラジふぁぼはMC5人の深掘りを一年かけて丁寧にやった番組だったので、MCそれぞれにも愛着というか普段から気にしてしまう縁ができましたし、それを一緒に見ている、応援しているリスナーさんたちとの縁も深まりました。
卒業イベントではお花企画を一緒にさせていただいたり、色紙寄せ書きに参加させていただいたり、討ち入りをやったり。
誰が言ったか、『遅れてきたかむばっく青春』。
そんな経験をさせていただきました。

 

後者は、どちらかというとIDOLY PRIDE(アイプラ)のほうが”追っているコンテンツ”で、ミュージックレイン3期生(ミューレ3期生)については、応援はしているけど、そこメインでどうこうって感じでは正直なかったんです。
ただ、そこで定期イベントである「日々荘3号館」が、しかもわりと参加しやすい形で)が用意されたというのが大きくて。
そこでミューレ3期生の解像度をぐっと上げることができたなと思います。
”行けるイベントが用意されている”って、大事ですね。

 

ファン活動の面では、本当に肩肘張らず、やりたいなと思ったことを気軽に行動に移せる一年だったなと思います。
今年になって初めてやったこともあって。
うちわ作り、メッセージボード作りは初めてでしたし、実は年賀状を出すのも初めて。
コンテンツではなく特定の個人の番組に、さながらメール職人さんのような感じに大量にメールを送り付けるのも、実はあまり経験がありませんでした。
ファン活動の方法は、そこまでの積み重ねで幅が広がっていくものではあるんですけれども。
今までの積み重ねと、ちょっとしたチャレンジで、少しでも応援する手段が広げられたのは、よかったなと思っています。

 

お花関係ですと、制作側としては3つのお花企画に携わらせてもらいました。
卓上花が2つ、そしてフラワースタンドが1つですね。

特にフラワースタンドはプロジェクト形式(ファンコミュニティ中心のお花企画で、実務的に携わった)でやらせていただいたのでドキドキしながらの進行でしたが、強力なデザイン部門の皆さんとバランスの取れた管理部門の皆さんのおかげで、快く作業をさせていただくことができました。
本当にいい経験をさせてもらったなと思っています。

   

 

他の趣味部分だと、ブログの更新を不定期にしました。
その理由については当時のブログに書きましたが、今もその考えは変わっておらず。
いいタイミングできっかけをくれた夏目ここなさんにはこの場をお借りして感謝したいと思います。

夏目ここなさん「毎日、『人生とは』みたいなメッセージが流れてくるログインボーナスは気が滅入る」
(2022年10月29日「ミュージックレイン3期生 新番組ベータ版」イベント 昼の部にて)

 

書こうとすればボロボロと言葉は出てきますが、このあたりで。
やりたいことはいくつか浮かんでいて、少しはイメージできているものもあります。
独りよがりになっていないかなど、少し気をつけないといけない部分もありますが。

基本は、今年のスタンスのままで来年もいいんじゃないかなとは思っていますので、来年も楽しく生きられたらいいなと思います。